お手入れ方法

北大路魯山人 絵瀬戸子持十字文小向(6枚)【中古】:Gallery Nisui 而水 - d9d8a

2019-09-02

北大路魯山人 絵瀬戸子持十字文小向(6枚)【中古】サイズ:巾11×高1.8cm
素材:陶磁器
黒田陶苑箱書 6枚
カラー:モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります

北大路 魯山人
<明治16年(1883)〜昭和34年(1959)>
明治〜昭和の芸術家。京都生まれ。本名は北大路房次郎。
篆刻家・書家・画家・陶芸家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持ち、幅広く活動した。
明治32年(1899) 西洋看板書きで収入を得るようになる。
大正2年(1913) この頃から篆刻・書道をよくし、印章や濡額を彫る。
大正4年(1915)  山城にて初代・須田菁華と出合い、陶芸を学ぶ。
大正8年(1919)  東京京橋に美術骨董店「大雅堂」と開店、同店2階で会員制の美食倶楽部を始める。
大正14年(1925) 中村竹四郎とともに星岡茶寮を開く。
昭和2年(1927)  茶寮で使用する陶磁器の制作の為、北鎌倉に星岡窯を築く。
昭和11年(1936) 中村竹四郎と決裂、茶寮を解雇される。以後作陶に専念、数多くの作品を生み出す。

価格
432,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜5日以内に発送
残りあと1個です
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く